めまい

こんにちは♦

鶴崎鍼灸院です。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

来院される患者さんの訴えの中で比較的多い

【めまい】

についてお伝えできればと思います。

 

 

まず、めまいを含む様々な症状の中には重大な病気が隠れている場合があります。

医療機関を訪れるめまいの患者さんの5%程度という統計が出ているようですが、

小脳梗塞や脳幹出血、椎骨脳底動脈解離、心臓疾患など生命の危険があるような場合もありますので、

必ず医療機関で診てもらうことが重要です。

めまい以外に頭痛、ろれつが回らない、手足のしびれなどを伴っていたり、

糖尿病や高脂血症などの基礎疾患をお持ちの高齢者などは特に注意が必要です。

 

 

<診断されるめまいの主な病名>

●メニエール病

めまい=メニエール病とイメージするほど有名な疾患ですが、

実際にはめまい患者さんの10%未満と少ないようです。

繰り返すめまいの発作と難聴、耳鳴りが症状です。

数十分から半日程度の安静で発作は治ります。

しかし、それを繰り返すことで進行し、治らなくなっていきます。

原因は、耳の中にある内リンパ液の吸収障害のために内圧が上昇することで、

感覚器も障害されめまいを起こします。

そのような状態を引き起こす主な原因としてストレスの関与が考えられています。

メニエール病を改善するにはストレスから逃げる、対処することが必要になります。

加えて日常生活では水分摂取と有酸素運動を心がけるようにしてください。

 

 

●突発性難聴

突然発病する片側の感音難聴。

主な症状は難聴(閉塞感)、耳鳴りですが、めまいを伴う場合も多くあります。

原因は不明です。ウイルス感染や血流障害など説があります。

重要なのは2週間以内に薬物療法を開始することです。

やはりストレスは大いに関与していると思われるので安静に、

場合によっては入院も必要かもしれません。

 

 

さて、今回はこのくらいにして、

もしも今、激しいめまいに襲われたらどうしたら良いかお伝えします。

まずは「ラリルレロ」「パピプペポ」「まみむめも」と声を出してみましょう。

そして手を強く握ってみたり、手足をバタバタと動かしてみてください。

問題なくできるようならひとまず脳は大丈夫。

動けるようなら脳神経内科などに向かいましょう。

動けないようでしたら、救急車を呼んでください。

 

 

検査で異常がないようでしたら、鍼灸・整体などの

東洋医学的施術をご検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

ご予約はコチラから

0996−62−2496

完全予約制

出水駅から車で2分

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。